米・北東地区マスターズ・トラック選手権 優勝

5月12日(土)、アメリカ北東地区のマスターズ・トラック選手権に出ました。
表彰台の真ん中に立つ事が出来ました。
e0095029_12063339.jpg
北東地区とは米・東部のうち14州が対象でワシントンDCも含まれます。
レース会場は自宅からわずか5分の距離にあるT-Townベロドロームです。T-Townベロドロームは今年のジュニアとマスターズの全米選手権の会場でもあります。
7月の全米選手権を前に行われるこの地区選手権には、例年以上に多くの州から多くの選手が集まりました。
地区選手権は4種目の競技を1日で行い、その総合成績で順位を競うオムニアム形式でした。
私は50-59歳のカテゴリにエントリ。競技種目は500mタイムトライアル、2000mインディビジュアルパスート、ポイントレース、スクラッチレースの4種目です。500mと2000mはスタンディングスタートと言って、完全停止から全力発進します。
e0095029_12041963.jpg
レース当日は午前7時過ぎまで雨が降っていたものの、競技開始時刻9時にはレースが出来る状態になりました。
同じコーチングを受けるアスリート達は2つのテントに分かれて陣取り、レースの準備を整えました。
e0095029_12034274.jpg
e0095029_12252999.jpg
e0095029_12254826.jpg
e0095029_12260896.jpg
①500mTT:1位(38秒16)ギヤ98インチ
  • スタート直後の加速に集中。そしてペダリング速度が増してきたところから出来るだけ長くダンシングを維持することを念頭に置きました
  • タイム的には全然ですが、一応自己ベスト更新
②2000mインディビジュアルパスート:2位(2分34秒6)ギヤ100インチ
  • 500mと同様、スタート後の加速に集中
  • バンクでのライン取りに課題が一杯ある感じ
③ポイントレース:2位 96インチギヤ
  • 1本目のスプリントが終わった直後からアタックをかけて3人の逃げを決め、そのまま3人でポイントを取ってゴール
  • 最終スプリントはローテーションを入れるべきではなかった。
  • スプリントラップの半周前からスプリント体制に入るべき
④スクラッチレース:2位 98インチギヤ
  • バンクの最上段から後続をワッチ
  • スプリントでは上手く前走者をホームストレッチで抜けたが、間合いの取り方をもっと勉強する必要アリ

総合成績1位。
北東地区選手権で優勝しました。
また同大会はペンシルベニ州のステートチャンピオンシップも兼ねていたので、ステートチャンピオンにもなりました
チャンピオンジャージも頂きました。
e0095029_12075981.jpg
e0095029_12105907.jpg
成果は全く期待していなかったので、予想外の好成績に驚きです
コーチの厳しい指導と練習のお陰です。
コーチは33歳ですが、50を過ぎたオヤジに遠慮なく厳しい言葉を投げかけてきます。時にはからかわれたり・・・
最近はよくイジられています。まぁ、何でも言いやすいんでしょう。
でも、そんなコーチとの関係を私はとても気に入っています。

同じカテゴリで走ったチームメートとコーチ
e0095029_12025629.jpg

因みに妻も好成績で総合3位で表彰台入り!!
e0095029_12123812.jpg
さて、次は7月の全米選手権が待っています。
引き続き、頑張って練習あるのみ!

レース会場で写真家のお友達に妻とのショットを撮ってもらいました
e0095029_12131067.jpg

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
Commented by h.ishii at 2018-05-29 21:33 x
すごい!しかもご夫婦で表彰台に上がれるなんて!!
モノクロ写真もいい雰囲気ですね。
Commented by sprockets at 2018-05-30 05:13
有難うございます。
白黒の写真はプロの写真家の好意で撮って頂きました。
毎年何回か顔を合わせる度に撮ってもらってます
by sprockets | 2018-05-12 11:28 | トラックレース | Comments(2)

米東部在住のトラック&ロードレーサ。レース・トレーニング、機材など


by sprockets
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31