カナダ・オンタリオ地方 トラック選手権大会

1月に引き続き、またカナダに遠征して来ました。
e0095029_07132106.jpg
今回はオンタリオ地方の選手権大会です。カナダの選手にとってはナショナルチャンピオンシップへの出場権をかけた大事な大会です。
従ってカナダの選手は当然フィットネスを上げてきており、未だシーズインを迎えていない、我々のようなUSライダーにとっては強敵となる絶好のレース機会でした。
大会は3月2日(金)~4日(日)の3日間行われました。平日の金曜から始まるので、ジュニア達は金曜は学校を休んでの参戦でした。

13歳の娘と私は木曜の午後に自宅を出発。前回とは違って天気も安定しており極めて順調に目的地に到着しました。ドライブ時間は6時間40分程でした。現地では家を一軒借りて、コーチ2人と同じコーチングを受けているアスリート3人に加えて娘と私の7人で3泊の共同生活です。
現地に到着した順に、夫々好きな部屋を抑えていきました。私と娘はベースメント(地下室)を抑えました。キッチン、ベッドルーム2部屋、シャワー室、洗濯&乾燥機まで備えており、快適に暮らせました。
e0095029_06444570.jpg
金曜は午後からレースがスタート。娘はU15女子で、私はマスターC&Dでインディビジュアル・パスートの競技でした。
発走機からのスタンディングスタートは娘も私も初めて。リリースのタイミングがかみ合わず、スタートに失敗しました。
レース距離は私も娘も同じ2000m。トラック8周です。
e0095029_06522647.jpg
e0095029_06544567.jpg
e0095029_06550363.jpg
娘はドロップバーで走りましたが、エアロバーを付けた選手とわずか1秒差で2位で、表彰台!
e0095029_06562232.jpg
私は去年の全米選手権の時より1秒程遅いタイムで4位
ラップ毎のタイムを分析して分かったのですが、出走から1000mまでのタイムが悪かったです。スタンディングスタートからの加速を練習しなければいけませんね。

土曜は私はスクラッチレースとポイントレースを走りました。
娘はスクラッチレースです。U17との混合カテゴリでした。

レース距離はスクラッチが7.5Km (トラック30周)、ポイントレースが10Km(トラック40周)
スクラッチレースは、レース序盤で4人が飛び出して、そのうち3人がそのまま逃げ切り、集団をラップしてしまいました。
e0095029_07022802.jpg
e0095029_07024598.jpg
e0095029_07025736.jpg
ラップされる前に、逃げた4人を単独でも追いかけたのですが、追いきれませんでした。
最後は集団スプリントで3番で結果は6位でした。

ポイントレースでは、コーチからのアドバイスを聞いてアタックをかけるときは100%の力でアタックを仕掛けることにしました。
e0095029_07021294.jpg
レース序盤で、先ほどのスクラッチで飛び出した4人がまた飛び出していきました。4人がトラックの1/4周くらい先を行った時に、私はバンクの上段からアタックをかけて追いかけました。
e0095029_07125768.jpg
最初のスプリントまでに4人に追いつくことが出来て、最初のスプリントは3番をとりました。
このあと、集団をラップすること2回。3回目のスプリントは4番をとり、最終スプリントは6番でポイントを取れませんでしたが、結果は2位でフィニッシュする事ができました。
e0095029_07132106.jpg
良かった点は、逃げが決まる前に単独ででも追いかける決断をしたことだと思います。

娘は7.5Km(トラック30周)のスクラッチレース。
混合のU17の選手に劣らず、果敢な走りを見せて会場を沸かせていました。
e0095029_07210449.jpg
スクラッチレースでは、一人で飛び出してかなりの距離を独走し、消耗してしまったようで、U15/U17の総合で8位。U15では4位と惜しくも表彰台を逃しました。
e0095029_07415987.jpg

e0095029_07212414.jpg
e0095029_07214234.jpg
e0095029_07222397.jpg
e0095029_07223603.jpg
スクラッチレースのゴール直後に、娘は落車に巻き込まれ、後輪のスポークを13本折るアクシデントが起きました。
e0095029_07405791.jpg
幸い、軽症で済みました。


最終日の日曜は娘は、ポイントレース。レース距離は10Km(トラック40周)
前日のスクラッチレース以上の走りを見せて、ものすごく果敢な走りを見せていました。
インフィールドで見ていて、とても興奮しました。
e0095029_07220299.jpg
e0095029_07223603.jpg
e0095029_07230104.jpg
あの小さな体から、どうしてあんなスピードと持久力が生まれるのだろうとおもうくらいの走りでした。
結果はU15/U17の総合で6位。U15では1位を取りました。
e0095029_07231361.jpg
私は500mタイムトライアルとケイリンです
500mを走ってみて、やっぱり自分はスプリンターでは無いなってつくづく思いました。
e0095029_07282693.jpg
500mTTは8位でした

続くケイリンは、今日でたったの2回目です。
ギヤは102インチ(53X14)を使いました。コーチからはスクラッチレースと思って走れとのアドバイスをもらっていました。
予選は3位で通過。前を走るライダーが真っ直ぐ走ってくれなくて、困りました・・・
決勝では2番手からスタート
e0095029_07312636.jpg
作戦は、先導車がコース外に出た時に先頭に上がって、ペースを上げて、そのまま残り3周を出来るだけ長く先頭で走り切ることでした。
e0095029_07341756.jpg
最終ラップで2人に先行されましたが、3位をキープしてゴール。
初のケイリン種目、表彰台でした。
e0095029_07354793.jpg
反省点は、もっと周囲を見ながら走るべきでした。

連日、朝早くから夜9時台までレース会場にいたので、とても疲れました。
しかし、とても良い経験ができました。
少しずつですが、一歩一歩前進です。

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村

[PR]
Commented by Koh at 2018-03-27 04:35 x
怪我が大したことなくて良かったです。 まだまだ寒いことと思いますが、娘さん共々、練習頑張って下さい!
今年は、ジュニア選手権が見られるので楽しみです。
私は先々週から外で乗り始めました。
Commented by sprockets at 2018-03-28 10:36
有難うございます
もうすぐシーズンインですね!
私の場合、コツコツ出来ることをこなすのみです
by sprockets | 2018-03-09 07:43 | トラックレース | Comments(2)

米東部在住のトラック&ロードレーサ。レース・トレーニング、機材など


by sprockets
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31