またも$150もする新品タイヤがパンク:マスターズ・トラック・リージョナル選手権


で、新品タイヤがパンクしてしまった記事を投稿しました。
今度は私がやってしまいました。同じベロドロームです。でっかいメタルの針みたいなのが刺さってました。新品タイヤに交換したばかりなのに、どうもインフィールドを走っていてパンクしたみたいです。
立て続けにパンクで、財布が傷みました。

さてレースの方ですが、パッとしない結果に終わりました。コーチからもレース前に”結果は期待するな”と言われていたのですが、やはり出るからには良い結果を追いたくなりますからね。

レース前は4日連続で、強度の高い練習を毎日重ね、ジムにも通い結構疲れた状態でレースに出ました。
でもレースが始まると普通な感じでいたので、もっと上に行きたかったなぁーと言うのが正直なところ。
e0095029_06264190.jpg
レース種目と結果
  • 500mタイムトライアル:38秒99、5位、94インチギヤ、ロードバー
  • 2Kmインディビジュアルバシュート:2分40秒48、7位、100インチギヤ、ロードバー
  • 16Kmポイントレース:2位、96インチギヤ
  • 8Kmスクラッチレース:7位、96インチギヤ
  • 米・北東部リージョナル選手権オムニアム:6位
  • ペンシルベニア州選手権オムニアム:2位

500mTTのスタンディングスタートで失敗しました。バイクがよろつき、エイプロンまで乗ってしまう始末。あれじゃタイムは出ません

2KmTTはスタートは上手く行きましたが、やっぱりドロップバーじゃダメですね。あとディスクホイールも欲しいところです。ペーシング自体は悪くないはず。
e0095029_06222509.jpg
TT系のタイムが出なかったので、ポイントレースに集中しました。
e0095029_06232727.jpg
e0095029_06265507.jpg
333メートルトラックを48周します。スプリントは6周毎の計8回。
作戦は、最初の2-3スプリントは無理に追いかけず、中盤から逃げを打ってポイントを稼ぐ事としました。私はポイントレースは特に得意と思っていませんが、人からはポイントレース向きと言われます。
レース展開は、まさに自分が思い描いていた展開に持ち込めました。
残り26周でアタックをかけて単独で14周逃げて、集団をラップしました。
見ている人には結構インパクトある走りだったと思いますが、ポイントレースのルールを熟知していないのが災いして、1位を逃しました。集団をラップするタイミングが早すぎました。
後で結果を知って、審判に理由を聞いてガッカリしました。自分では勝ったと思っていたので・・・
e0095029_06244679.jpg
また気持ちを切り替えて練習に励みます!

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
[PR]
by sprockets | 2017-05-23 06:29 | トラックレース | Comments(0)

米東部在住のトラック&ロードレーサ。レース・トレーニング、機材など


by sprockets
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31