トラックバイクのチェーンリングを素早く交換する方法

トラックバイクのチェーンリングを素早く交換出来る方法をご紹介します。
このトリックは元プロレーサから教えてもらいました。

トラックバイクはロードバイクのように変速機がありませんから、レースに応じてチェーンリングやコグを交換する必要が出てきます。
またレース中はレースとレースの間の限られた時間内で交換を行なう為、交換作業は少しでも迅速にしたいものです。

チェーンリングは専用ボルトでクランクアームのスパイダー部に固定します。
e0095029_07100406.jpg
このボルトですが、オス・メスのパーツから成り立っていて、メスのパーツをスパイダーの裏側に入れて
表側でオスのボルトを締めて行きます。
時々厄介なのは、交換作業中にこの2つのパーツがバラバラと落ちてしまう事です。
下手するとパーツを紛失してしまう可能性もあります。

こういったストレスを解消するのがこの方法。
e0095029_07131617.jpg
アルミリムに使うタイヤセメント(接着剤)を使うことです。
メス側ボルトのスパイダーアームの穴と勘合する部分に塗って24時間放置するだけです
こうするとメス側のボルトはアーム部分に固定されたままになり、チェーンリングの交換が至って迅速になります。
私はとても重宝しています。
是非お試しください!
※ねじ山部には接着剤を塗らないようにしてくださいね
e0095029_07172671.jpg

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
[PR]
by sprockets | 2017-04-26 07:17 | Bike機材 | Comments(0)

米東部在住のトラック&ロードレーサ。レース・トレーニング、機材など


by sprockets
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31