ロサンゼルス・ベロドロームを再訪

ロサンゼルスへの出張を利用して、出張の最終日にベロドロームを走って来ました。
ロサンゼルス・ベロドロームを走るのは今回で2回目。前回走ったのは丁度3ヶ月前。もう3ヶ月経ったのか・・・
e0095029_10344884.jpg
250メートル屋内・木製走路のバンク角は45度
e0095029_10360803.jpg
写真では上手く伝わりませんが、上から見ると殆ど垂直です。
急なバンクの為、バンクでは時速32Km/h以上の確保が必要です。そうでないと滑り落ちてしまいます。
e0095029_10375047.jpg
目的は、午前6時丁度から始まる朝練に出る事でした。
メンバーは同じコーチングを受けている西海岸のアスリート達。世界チャンピオン、アメリカナショナルチャンピオンがゴロゴロしています。
私も何時か、その仲間入りを夢見ています。
バイクはベロドロームが所有するバイクをレンタルしました。予めフロントの係員にメールで希望サイズを言って確保しておいてもらいました。係員の方とはもう御馴染みです。

レンタルバイクなので、ギヤチェンジは無し。確かギヤは48・16だったと思います。
そんな軽いギヤでコーチの指示に従ってFlyingラップを5回やりました。
2-3人が一組になって少し間隔を置いて走り、バンク最上部から全速でバンクを降りて250mを走り\抜く練習です。
私は最後尾について、前を走る人を追い抜く意識で走りました。他の人は私よりずっと重いギヤを着けているのでハイケイデンスとスピードの練習になりました。ギヤが軽くてもかなり付いて行けるものですね。
個人的に重視していたのはバンク底でのライン走行です。バンク底のカーブでスプリンターレーンから逸脱する事無く走り抜けたので良い感触をつかめました。

練習後、会社に寄って仕事をして、ロサンゼルス空港に向かって、フィラデルフィア空港に到着したのが真夜中。帰宅したら午前2時近くになっていました。
翌朝は、ホームのT-Townベロドロームで練習と中身の濃い24時間でした。


にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
[PR]
by sprockets | 2017-04-23 10:51 | トレーニング | Comments(0)

米東部在住のトラック&ロードレーサ。レース・トレーニング、機材など


by sprockets
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31