Specialized Tarmac SL4 – 500Km 走行

Specialized Tarmac SL4が組みあがり、500Km 程走行しました。フレーム色は今流行の黒艶消し。
ロゴ等は赤のストライプが入っていますが、遠目には目立たないステルスルックになっています。
フレームが黒なのでホイールも黒にしようと元々あったデカールを剥がしてしまいました。
e0095029_11392197.jpg
e0095029_11394616.jpg

セットアップです
クランクセット:Specialized S-Works Fact Carbon
チェーンリング:Specialized S-Works 53/39T, 130mm BCD
ブレーキセット:Sram Red AeroLink
シフター:Sram Red
フロント&リア ディレーラ:Sram Red
ハンドルバー:3T Ergonova Team Carbon Handlebar
ステム:3T  ARX-Team 120mm 17/83 deg
シートポスト:Specialized S-Works Carbon
ペダル:Look Keo Blade Carbon
サドル:Specialized Romin Evo Expert
e0095029_11425276.jpg

このRominサドルですが、サドルの後ろがせり上がっていてサポート性が良く、座りやすいサドルです

3Tのハンドルバーはドロップ部分の曲がり具合が握りやすい形状になっているのと、上ハンドル部分はフラット形状になっていて登り坂等でしっかり握れる形状になっています。又ハンドル幅ですが、ドロップ部分が上ハンドル部分より広く広がる形状になっています。サイズ表示はドロップ部分でのハンドル幅でのサイズになっています。因みに私のは42cmです。
e0095029_11385525.jpg
2013モデルのSRAM REDのシフトは以前のモデルに比べて音が静かになり、シフトもスムースになりましたね。シフターとブレーキレバーのハンドルからの距離がネジを回すだけで簡単に調整できるのは便利です。デザインも個人的にはShimanoより好み。Shimanoは性能は良いけどデザインが野暮ったいと思う
e0095029_11404020.jpg
e0095029_11423267.jpg

ポジションを調整しながら色々なコースを走り、500Km程走行しようやくまずまずのポジションを出しました。
ポジションについては別途記事を立てようと思いますが、ダイレクトに踏めるポジションを探しました。
さて、500Km走った時点でのターマックSL4の印象について書いてみようと思います。
未だレースでの使用経験は無いのでとりあえずトレーニングライドで感じた印象です
購入前にこのバイクのインプレを書いたブログやWebを見ましたが、硬い、脚に来る、反応が良い、加速が良いという印象が多く見られました。
私が受けた印象は、ガラス板にクランクが付いていて、それを踏んでいるような感覚を最初に感じました。入力のトルクそのままが後輪に伝達される感覚でした。踏めば踏んだだけ速く走るバイクですが、恐らくこのバイクを乗りこなすには脚力以外にもしっかりした体幹筋力が必要だと感じました。ペダルを踏んでも力が余計なところで吸収されず、踏んだ反力を支える脚力と体幹が無いと長くは踏めないバイク。硬さについては決してガチガチでは無く、高い剛性ではあるがマイルドに乗れると思いました。振動とか乗り心地とかは私は別に気にしないので、カーボンのレースバイクなら当たり前くらいかと思います。どのバイクでも言える事だと思いますが、ポジションが大切だと感じました。私の場合ダイレクトに踏めるポジションを探りました。ダイレクトとはクランクの上死点から直ぐにクランクを下方向に踏み下ろせる感覚です。ダイレクトに踏めると加速も鋭くなり、パワーも出せます。踏めば踏むだけ前に進む感覚が得られました。
実際このバイクにしてから、Stravaで今までなかなかKOMが取れなかったセグメントでも、大幅なタイムアップで取れるようになりました、軽量なバイク重量も効果があると思いますが、重いギヤをぐんぐん踏んで登れるのです。加速性についてもコーナーを立ち上がってからのスプリントでは、私の後輪にぴったり付いていたチームメイトを簡単に引き離せる程の加速応答性があります。ただ、いつもの厳しい坂を含む100Km程度のトレーニングコースでは今までには無かった背筋の痛みも起きました。強いペダリングを長く支えるには強い体幹筋力が必要です。
私は身長174cm、体重71Kg、今までの最大パワー1300W、FTP 300-320W(ローラ台)のオヤジライダーです
e0095029_11412956.jpg
Garminのモニターブラケットをハンドルバーに装着し、走行中に見やすくなりました
e0095029_11414993.jpg
ボトルケージもEliteの黒。ボトルのグリップがとても良いです
e0095029_1142105.jpg
フロントフォーク内側にもSL4のロゴ。ストレートフォークです。ホイールはレイノルズのカーボンクリンチャー、アサルトですが、デカールを全部剥がして真っ黒にしてしまいました。黒のフレームには黒のホイールを履かせたいですからね
e0095029_11431552.jpg
フレームはスローピングフレーム。サイズは52cmを選択しました
e0095029_1143345.jpg
トップチューブはコブラと呼ばれる、ヘッド周りが太くなっている形状
e0095029_11441157.jpg
ボトムブラケット周辺のボリュームはかなりあります
e0095029_12441721.jpg
チェーンリングはS-Worksで11速のチェーンにも対応。私のは今のところ10速ですが
e0095029_11443290.jpg
ケーブル類はフレーム内部を通るので見た目もスッキリ。掃除がやり易そうです
e0095029_1145715.jpg
<チェーンがインナー側に落ちないようにSRAMのチェーンワッチャーが付属)
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
[PR]
Commented by サブリーダー at 2013-09-07 07:55 x
う~ん・・・カッコいいですねぇ~
戦闘機というかレーシングカーというか・・・
すごい戦闘的なフォルムですね。
当然私には踏む脚がありませんが一度乗ってみたい気がします。
Commented by Sprockets at 2013-09-08 06:31 x
サブリーダーさん;
レーシングカーというイメージがしっくり来ますね。レースマシンですが、とても乗りやすいバイクです。私もサブリーダーさんに乗って頂き印象をお聞きしたいです
by sprockets | 2013-08-31 11:37 | Bike機材 | Comments(2)

米東部在住のトラック&ロードレーサ。レース・トレーニング、機材など


by sprockets
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31